水槽のリニューアル2011年01月23日 23時13分

昨年から金魚を飼い始めています。 購入当初は「水を浄化する砂」と称する赤茶色の小石の様なものを入れていましたが、いつまでたっても水が無色透明にならず、赤茶けたやや濁り気味の環境で飼っていました。 これでは見栄えが悪く、設置している玄関先も暗い雰囲気になってしまうので、心機一転、水槽をリニューアルしました。

先ずは砂の入れ替えです。 白を基調とした普通の金魚用の砂利に入れ替えました。 そして隠れ家となる素焼きの土管を設置、水は全て入れ替えて、更には蛍光灯まで取り付けました。 金魚には迷惑なリニューアルだったかもしれませんが、雰囲気は一変。 従来に比べて、3階級特進位に見栄えの良いものになりました。 これでようやく我が家も、人並みのアクアリウムになりました。

ゴールデンハムスター絶滅2007年08月23日 23時29分

95年5月以来飼い続けていたゴールデンハムスターの最後の一匹が亡くなってしまいました。 前日まで元気で餌を食べていたのに、気付いた時には冷たくなっていました。  娘と共に摘んだ花を手向けて、埋葬してあげました。 花で飾っていた時には平気だった娘も、埋葬するために連れて行こうとする段になって、大泣きされてしまいました。

ダニ騒動2006年05月06日 23時41分

帰省から戻り一段落したところで久しぶりにケージの掃除をしていると、「ライオネル」が背中に怪我をしています。 更によく観察すると、痒がって自分で齧ってしまったようです。 その内に、ライオネルの身体に小さな虫がうごうごと。 そうです、ダニが大増殖していたのです。 慌てて他のハムから隔離して、巣材を一新。 蠢いているダニを潰すと真っ赤になります。 かなり血を吸われているようです。  幸い土曜日だったので、午後から病院で診察を受けました。 顕微鏡を見せて頂くと、ダニが血を吸って赤く膨らんでいます。 病院でも初めて見る種類のダニだそうです。 念のために一緒に連れて行った「レオナ」にもダニよけの注射をうっていただき、様子見となりました。 帰省で疲れたところを襲われたのではないかと思います。